営業局営業局

2017秋のガーデニングセミナー開催!【申し込み受付中】


 

ガーデン

     美味しい!を育てよう

セミナー概要

開催期間 2017年10月14日(土)・15日(日)
時間 午前の部10:00~12:00 午後の部14:00~16:00
定員 両日とも各30名 ※定員に達し次第、締め切らせていただきます
料金 14日(土)2000円 / 15日(日)2500円
お問合せ先 沖縄タイムス社営業局 電話098-860-3573(平日:10:00~18:00)

苗の紹介

「トマトの育て方・活用法」

サントリーフラワーズ

 純あま 

糖度:8~11度
果形:プラム形
果重:10~15g
収穫数目安:100~140個程度
栽培ポイント:上段果房では花数制限を行うと、実つきが良くなります。一果房あたり、20個程度を目安に。

(1)甘さを実感!
高い糖度でフルーツ感覚の甘さ、お子さんにも人気!

(2)うま味がギュッ!
甘さとうま味の相乗効果で食味バツグンです。

(3)‘ぷりっ’とした果肉
甘みが詰まった、ぷりっとした果肉、おいしさが広がる!

出展:http://www.suntory.co.jp/flower/homegardens/lineup/tomato_amasa.html#Pureより

「みかん・レモンの育て方」 ※どちらか選べます♪

リスボンレモン接ぎ木苗(2年生)

温州みかん接ぎ木苗(2年生)

※写真はイメージです。

リスボンレモンとは・・・果汁が多くて酸味が強く、さわやかな香りを持っています。リスボンという名の通り原産地はポルトガルで、果重は100~140g程度。寒さや風に強いことから国内でも栽培が行われるようになりました。輸入品は1年中手に入りますが、国内産は9~12月頃の出荷になります。

温州みかんとは・・・みかんには「有田みかん」や「愛媛みかん」などいろいろありますが、これらはどれも「温州みかん」のことを指します。

 

「ブルーベリーの育て方」

ラビットアイ系ブルーベリー

ラビットアイ系とは・・・成熟する前の果実がウサギの目のように赤く色づくことが特徴です。名前もこの特徴から名付けられました。ラビットアイブルーベリーの品種はノーザンハイブッシュに次いで多く、栽培ブルーベリーの中心品種です。世界各国の冬季が温暖な地帯へ栽培が広がっています。ブルーベリーの多くは酸性土壌を好みますが、ラビットアイ系はあんまり土壌を選ばず、とても丈夫なので初心者にオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。

この記事に関連する記事