総合メディア企画局総合メディア企画局

事業戦略としての資本政策・M&Aセミナー 開催のお知らせ


この度、琉球銀行と沖縄タイムスグループでは「事業戦略としての資本政策・M&Aセミナー」を開催する運びとなりました。

沖縄県内におきましても、多くの分野で市場環境が激変していることは、昨今の報道にもあるとおりです。そうした中、経営戦略として積極的にM&Aを活用する手法が広く注目を集めています。

琉球銀行と沖縄タイムス社では、プルータス・コンサルティングの中川卓也氏、吉原暢一氏を講師にお招きし、資本政策に関してのセミナーを開催いたします。同社は、公開・未公開を問わず、M&A、組織再編、資金調達、企業評価などの分野で大きな実績を持ち、今回はM&Aを含む積極的な資本政策のノウハウをお伝え致します。また琉球銀行法人事業部より、県内のM&A事例や実務上のポイントなどをお話するほか、沖縄タイムス社の資本業務提携事例のご紹介なども致します。

琉球銀行では「M&A相談専用窓口」を開設しており、経営者様のご相談・支援を行っております。本セミナー終了後にも個別相談会を開催致しますので、併せてご利用ください。

 

 

開催概要

日 時/2017年10月19日(木)14:00~16:00
場 所/タイムスビル2Fギャラリー(那覇市久茂地2-2-2
参加費/無料  定員/50名(先着順)

セミナー内容

14:00~14:30 沖縄県内のM&A支援事例・実務上のポイント 琉球銀行
14:30~14:50 沖縄タイムスの事業戦略と資本業務提携の事例 沖縄タイムス社
  ~休憩~  
15:00~16:00 経営戦略としての資本政策・M&Aのすすめ プルータス・コンサルティング
  個別相談会 琉球銀行

講師紹介

中川 卓也氏(株式会社プルータス・コンサルティング エグゼクティブ・ダイレクター)
1983年京都大学卒。事業会社を経て、外資系投資銀行に勤務。キダーピーボディ証券(GEキャピタル)外国株式部、バークレイズ証券キャピタルマーケット部、HSBC証券資本市場部門マネージングダイレクター、みずほ証券事業開発総括部長、ネスレ日本人材開発部長等を歴任。M&A、ファイナンス、デリバティブ、証券化、PE・ヘッジファンドの資金調達、IR・コーポレートガバナンス、組織・人材開発プログラム企画に従事。事業会社や機関投資家の事業戦略、資本・財務政策、議決権行使基準、人材活性化へのアドバイスにより顧客の企業価値向上に携わる。

吉原 暢一氏(株式会社プルータス・コンサルティング エグゼクティブ・ダイレクター)
1985年慶応大学卒。VCにて20年国内外の投資を経験後、証券会社にて投資銀行業務を7年、2013年より現職。日本合同ファイナンス(現JAFCO)入社。国内未上場企業への投資のほかイスラエル・欧州、中国の未上場企業への投資、海外投資先と国内上場企業との提携にGMとして従事。2004年みずほ証券企業金融部長。資金調達、事業再編、MBOの組成に従事。公正価格評価やエクイティ商品設計のノウハウを活かし成長前期からの資本政策、組織開発等のアドバイスを行い企業成長の促進をサポート。

問い合わせ先

沖縄タイムス社デジタル戦略部(担当:照屋、木下)電話098-943-3221

 

 


コメントは受け付けていません。

この記事に関連する記事