デジタル部デジタル部

【宜野湾市長選】タイモ畑とアメリカと写真と 石川竜一(写真家)


02_2010.11

中学のときによく来た宇地泊の入江(2010年、写真・石川竜一)

 

タイモ畑の中にぽつんとあった保育園に通っていたので、いつもタイモ畑が遊び場だった。カエルとかバッタを捕ったりして、小学校低学年くらいまでずっと。

 

真志喜の海は今はきれいに整備されているけど、昔は汚いジャンクヤードがあって、雰囲気も暗かった。防波堤の内側は沼みたいになっていて、テレピアがうじゃうじゃいた。石を投げるとエサと勘違いして暴れるのがおかしかった。

 

 昔、父親たちが若い頃、米軍の船が座礁して、コーラとか流れてきたいろんな物を拾ったという話を聞いた。

 

 

 

 

驚くほど澄んでいた真志喜の海(2012年、写真・石川竜一)

驚くほど澄んでいた真志喜の海(2012年、写真・石川竜一)

 

小学生のときはサッカーをやっていた。宜野湾JFCの選抜チームに入ったこともあったけど、中学では丸刈りがいやだったので、やめた。親のすすめもあって、平仲ボクシングジムに入った。遊び歩くわりには弱虫で、よく泣かされていたこともあったから。

 

2002年、高校3年のとき県代表(ウェルター級)として国体に出場した。内地のジムからスカウトされたが、続けてもしょうがないと思って断った。

 

世界チャンピオンにならなければ意味はない。たとえなれたとしても、選手寿命は30歳くらいまで。回りを見渡してみても、厳しいと思った。ボクシングやめたら目標を失った。

 

 

 

 

自宅の近所の我如古ヒージャーガー(2014年、写真・石川竜一)

自宅の近所の我如古ヒージャーガー(2014年、写真・石川竜一)

 

沖縄国際大学に入ったけど、やることがなかった。友達付き合いもなく、落ち込んでいた時期。

 

写真を取り始めたのは20歳。那覇のリサイクルショップのおじさんに呼び止められ、オリンパスのカメラを売り付けられた。それからはずっと大学の写真部の暗室にこもっていた。

 

テーマを決めず、ただ撮っていた。雨の後って車にひかれて死んでいる猫が多いけど、それをビニールに入れて、山に行ってポーズ付けて撮ったり、とか。

 

 

 

 

住宅地に残されたフェンスの支柱(2014年、写真・石川竜一)

住宅地に残されたフェンスの支柱(2014年、写真・石川竜一)

 

米軍のヘリが落ちたときは学校にいた。友達とドライブに行こうと外に出たとたん、地震のような音がして、戻った。

 

米兵が普天間飛行場から走って入ってきて、規制した。待てや、と。関係ないだろ、と墜落現場の近くまで入っていって見ていた。

 

ヘリって落ちるんだな、落ちるよな、と思った。米兵の対応はおかしいと思った。人の学校に勝手に落としといてて、俺たちに勝手に入るなと言うのは。

 

 

 

 

04_2012

台風で飛ばされるビニール(2012年、写真・石川竜一)

 

普天間飛行場・・・・・・特に。事件とかあったけど、小さいころからそんなもん。カーニバルにもよく遊びにいったし、ハロウィーンには塾の先生と一緒に基地内に入って、お菓子もらったりした。小さいころから一緒に遊んだアメリカの友達もいた。

 

つい最近だよね。基地のこと考えることになったのは。思い出があるものだから、本当にどうかというのが分からなくなる。初めからなかったらよかったかもしれないけど。

 

高校生のとき、米兵と喧嘩しようということになった。ストリート系で腕っぷしに自信がある友達10人くらいで。うらみとかではなくて、遊び感覚。日も決めてやる気満々で待っていたけど、相手が来なかった。

 

 

 

 

近所のキンタコ(2011年、写真・石川竜一)

近所のキンタコ(2011年、写真・石川竜一)

 

宜野湾に特に拘りはない。親戚も家族いて、そういう意味では愛着があるけど。自発的に外に出ようとは思わない。誰かから「おいでよ」といわれたら行くかもしれないけど。身の回りの事以外はあまり興味がない。

 

普段、友達同士の会話で基地とか選挙の話は出てこない。政治家の話は言ってることが分かりにくいし、言い訳や逃げ道作ってばっかり。街宣車で相手の候補者の悪口言って回ってるのとか見ると恥ずかしくなる。子供たちに悪い影響。

 (了)

 

石川竜一(いしかわりゅういち) 写真家 1984年宜野湾市生まれ。2006年沖縄国際大卒。10年に写真家勇崎哲史氏に師事。11年東松照明デジタル写真ワークショップ(3期生)に参加。写真集「絶景のポリフォニー」「okinawan portraits 2010-2012」(同年、赤々舎)で2015年3月に木村伊兵衛賞、4月に日本写真協会新人賞を受賞。ほかに「SHIBA踊る惑星」(10年、自費出版)「しば正龍 女形の魅力」(13年、自費出版)「RYUICHI ISHIKAWA」(14年、写真集形作品)「adrenamix」(2015年、赤々社)などの写真集がある。宜野湾市在住。


コメントは受け付けていません。

この記事に関連する記事