カラベジの花を八重に咲かせてワラビー(前編)


 まるごと八重瀬 観光・物産と芸能フェア 編

 沖縄タイムス社ふるさと元気応援企画「まるごと八重瀬 観光・物産と芸能フェア」(主催・同実行委、沖縄タイムス社)が24日、那覇市久茂地のタイムスビルで始まった。26日まで。

 ―しかもテープカットならぬ、まさかのウージ(サトウキビ)カットで。

ウージカットを行う比屋根方次町長(左から2人目)と、沖縄タイムスの豊平良孝社長(同3人目)

ウージカットを行う比屋根方次・八重瀬町長(左から2人目)と、沖縄タイムスの豊平良孝社長(同3人目)

  八重瀬町は那覇市の中心部から南へ約5キロに位置。町の南には町名の由来となった八重瀬岳(標高163メートル)がある。本島南部らしいサトウキビ畑が広がる中に集落が点在する、のどかなイメージのまちだ。

 そんな同町は豊かな土壌に恵まれ、ピーマンやオクラ、マンゴーや小菊などの農業が盛ん。近年は国道507号が拡張されたことで交通の便が向上し、都市化も進んでいる。PICRH20160624_000166

 会場には玄米みそや果実ジャム、町産野菜のパイなど特産品のほか、焼き物や木工品も出店。飲食ブースにはトビウオ(あご)だし焼きそばやあご麺を使ったお好み焼きなど珍しい品も並び、会場は朝からにぎわいを見せた。

 

 さて、そんな八重瀬フェアをレポートするのは―、

ビル前には旗頭もお目見え

タイムスビル前には旗頭もお目見え

 ―おなじみ久茂地の有袋類・ワラビー。DSC_0763 - コピー

 「ワラビーのすむ大とかい・なはが、琉きゅう村のようになりました!まるごと琉きゅう村フェアです!」 それは琉球村でやるだろ。

 「ひさしぶりの物さんてん…はりきってレポートしなきゃ!」 だが、そこで腹をさすりだした有袋類。「はりきるとおなかが空くのが、玉にきずのワラビーです!」DSC_0783  さらに、腹をポンポンと叩きだした。「おなかに何も入れていないと、ポンポンと、いい音がなります!『ワラビーハンガー音がくたい』のアレンジに活ようしよう…」

 すると、調子に乗ってポンポン腹をたたくワラビーを背後から見守る「何か」がいる。DSC_0788

 

 「何か」はさらにワラビーに近づき、話しかけてきた。「…その音、締め太鼓なの?」

締め太鼓を打ち鳴らすぐしちゃん青年会=2010年

締め太鼓を打ち鳴らすぐしちゃん青年会=2010年

 

 「…ハッ!『シーサーに食べられかけている人』です!大じょうぶ!?」DSC_0793

 「ちがうよワラビー!シーサーの精霊、シーちゃんだよ!」

 「シーちゃん?…どこかで会ったにちがいない…!」

 「去年のワラビーまつりの時に、遊びに来たよ!」

 

 いなせで八重瀬な踊れる獅子 シーちゃん(シーサーの精)

DSC_0742

「プロフィールがぼう大だよ!」

 

 「ああ、ペーちゃんです!ひさしぶり!」握手を求める有袋類。

DSC_0796

 「何でさっき言えてたのに今言えないの?ぺーちんじゃないよ、シーちゃんだよ!」

 「ぺーちんもシーサーだから、まちがえました!」

“北の”ぺーちん(北中城村)

タイムスのシーサー化した“北の”ぺーちん(北中城村)

 「シーちゃんはエイサーの太鼓の音が聞こえた気がして、来たんだよ!エイサーと棒術が大好きなんだ!」

 「今の音はワラビーの七つある体内がっきの一つ…はらダイコです!」 必殺技みたく言うな

 「程よく乾いた、いい音だよワラビー!」 シーちゃん本気か。DSC_0794

 「ハッ!こうしてる場あいじゃなかった…。ワラビーはやえせフェアを、レポートしなきゃ!」

 「八重瀬には、まだまだ知られていない、いい所がいっぱいだよワラビー!楽しんでね!」

 「ハイ!」

 

 シーちゃんに送り出されたワラビーはまず、自家製ピザのアリスサロンさんの移動販売車「カラベジ号」の前へやって来た。DSC_0438

 「にじのようにきれいな車です!」声を弾ませるワラビー。

 ちなみに八重瀬町では2009年より、ピーマンや紅芋、オクラ、マンゴー、ドラゴンフルーツなど町産の色鮮やかな野菜(カラフルベジタブル=カラベジ)を活用した特産品開発や、イベントなど生産者―消費者間の接点づくりに取り組んでいる。「カラベジ」ブランドで町のイメージアップと地域経済の活性化を目指しているのだ。

 今回のフェアではカラベジチキンカレーやマルゲリータ(各600円)、変わり種の「チーカマミソドッグ」(400円)などを販売している。DSC_0452

 「カレーとミソドッグ…どちらも色あざやか!やえせフェアの4Kテレビ賞に認ていします!」 例えヘタだし権限ないし。DSC_0450

 店長の上地カツキさんが説明してくれた。「ピーマンやハンダマなど町産野菜をなるべく使うようにして、色合いや見た目を考えて盛り付けているよ。カレーもチキンスープでしっかりだしを取ったおいしさだよ」DSC_0446

 「見た目も中身も充じつ…まさしく、一石二ちょうです!」 違うだろ

 

  続いて、こちらは2015年の町グルメグランプリで、「牛串カツ」で1位を獲得したNIKUYAさんのブース。町産の黒毛和牛を使ったメニューを提供している。

 「ガッツリいっときますか?」 その声にうなずくと、ふたが閉まらないほどの具を盛られる焼肉丼(600円)。ばら肉ともも肉が両方入り、たっぷりの野菜で栄養と食べごたえがいずれも満点だ。DSC_0400

DSC_0404 そして、「肉わく泉」、「食べても食べても牛肉が減らない」ほどの量を誇る牛汁(800円)は、来場者の胃袋をMAXまで満たしていた。DSC_0465

 そんな牛汁を試食させてもらったワラビー。DSC_0470

 「おいしい!お肉はほろほろ、おつゆもしっかり味ですすみます!ワラビーは気づいてしまった…牛汁は飲みものです!」 そりゃそうだ

 NIKUYAの新里哲志さんが相手をしてくれた。「サトウキビに囲まれたうちの農場は、静かで風通しもいい。そんなふうに牛がゆったりできる環境だから、いい肉を作れると思うんだ」DSC_0455

 「環きょうは、大事です!タイムスビルではたらく人も、もっとゆったりすれば、いい仕事ができるかもしれません!」 自身の発言で自身を否定する有袋類。

 

  町の魚「トビウオ(あご)」のだしを使った食事メニューを味わえるのが「なかのや」さん。仲地康英代表がへらを返すたび、辺りに香ばしいにおいと湯気が立ち込めた。DSC_0481

 あごだしを麺に練りこんだ焼きそば(500円)、その焼きそばを使用したお好み焼き(同)、あごだしを生地に使用したたこ焼き(400円)と、トビウオざんまい。

 ソースが香ばしい「鉄板×粉モノ」の「魔力」をあごだしのうまみが増幅させる魅惑の品々となっている。

 「こうしちゃいられません!」不意に割りばしを分割すると、DSC_0492

 鉄板に腕を伸ばしたワラビー。「しょくレポです!」

 「器用だねワラビーは…」苦笑いの仲地代表。DSC_0494

 「いぶくろが、たべたがってるんだ!」 何だそれは

 「食べていいよ」 仲地代表が許可してくれた

 焼きそばをほおばった有袋類。「おいしい!メンだけでもいける…イケメンです!」 DSC_0500

 さらに、あごだしの粉末を見せてもらったワラビー。町の港川漁協ではこの粉末だしを使ったメニューを研究しているのだ。DSC_0506

「これがうまみの秘みつ、AGONOMOTOですか…!」 グルタミン酸かよ。 

 

 飲食スペースのトリを飾るのは「港川パヤオ鮮魚店」の、セーイカのミミ揚げ「いちゃいちゃ」(500円)。硬いミミを「企業秘密」で柔らかくして揚げるという、地域の大人気商品だ。いちゃいちゃ

 店長の仲与志昌亮さんが、試食を勧めてくれた。「食べてみてワラビー」

 「ホント?…やった!」DSC_0538

 「おはしを手に入れたので、ししょくがはかどります!鬼に金ぼう、ワラビーに木のぼう…」 最低の装備か。DSC_0518

「コショウでピリリとしています!いいかんじのかみごたえで、おやつにぴったりです!」 ようやく、それっぽい食レポができるようになってきた有袋類。

「うんうん。おいしいかい?それ持っていっていいよ」

「えっ、ホント!?」DSC_0537

「冗談だよ。返してワラビー」

「イヤです………」DSC_0527

「…………」

「…………」

「………分かったよしょうがない。あげるよワラビー」

「やった!仲よし店ちょう、ありがとう!」 私たちは「ゴネ得」を目撃したDSC_0543

 

 はしと「いちゃいちゃ」を手に入れて上機嫌な有袋類。

 「やえせフェアはししょくがいっぱいで楽しい!このままタイムスビルの中へ、とつ入です!」DSC_0545

 いつしか「歩く食欲」と化したワラビー。はしの向く方向へ突き進むのみであったー。

 

 「カラベジの花を八重に咲かせてワラビー(後編)」へ続く。シーちゃんもワラビーの上司も再登場!25日更新です!

 

 ~ワラビーよりお知らせ~

 八重瀬フェアは26日(日)まで、那覇市久茂地のタイムスビルでやってます!

 25日(土)は10時~19時、

 26日(日)は10時~18時です!

 毎回大好評の芸能公演は3階タイムスホール!

 今回はやえせの芸能公演「豊年-HOU NEN-」として、25日と26日、どちらも午後2時半開場、午後3時開演します!入場料は1500円(500円クーポン付)です!

 演目は以下の通りです!

 ○6月25日(土)

  〔祈 り〕かぎやで風、稲まじん、前の浜、稲しり節、友寄の獅子舞

  〔くらし〕字ぐしちゃん汗水節、水汲まー小、櫂の踊り、新城のシーヤーマー

  〔賑わい〕村遊び、青年エイサー、八重瀬賛歌

 ○6月26日(日)

  〔祈 り〕安里のウフデーク、島の情唄

  〔祭 り〕やえせの棒術~棒巻・組棒~、玻名城の弥勒打花鼓、玻名城の獅子舞

  〔賑わい〕世名城の綱引き歌・前棒、志多伯の汗水節、青年エイサー、八重瀬賛歌

 

 八重瀬の魅力に触れて、おいしい特産物でおなかもいっぱいにしてね!待ってます!DSC_0741


  1. どすこ~い より:

    ワラビーの食レポ♪
    元気で楽しいくてイイですね。

コメントを残す

この記事に関連する記事

  • ワラビーって外国人にウケるんだろうかワラビー(中編)2016年7月2日 ワラビーって外国人にウケるんだろうかワラビー(中編)  目指せ「SEKAI NO KAWAII」 編 前回からの続きです。 沖縄タイムスのマスコットキャラクター、久茂地の有袋類・ワラビー。 いまや世界の共通語となった「KAWAII( […]
  • ある意味便乗商法なんだワラビー2016年3月28日 ある意味便乗商法なんだワラビー 「ワラビーカーサイン」新発売 編 ~御礼~ 読者参加企画「ワラビーブログタイトル募集」に多数のご応募、ありがとうございました! 現在選考中です!…と言いたいのですが、どこも多忙な […]
  • 世界の中心でアイを叫ぶんだワラビー2016年3月30日 世界の中心でアイを叫ぶんだワラビー エヴァンゲリオン展 編 国内外で大ヒットしたアニメの魅力に迫る「エヴァンゲリオン展」(主催・沖縄タイムス社など)が25日、那覇市おもろまちの沖縄県立博物館・美術館で開幕した。20 […]
  • 有袋類のいちばん長い日が来るぞワラビー2016年8月6日 有袋類のいちばん長い日が来るぞワラビー  2016ワラビーまつりinなは 告知編 ワラビー ことねせんぱい、まつりです! いきものがかり・榮門琴音 そんな登場するのは紅白のサブちゃんかワラビーくらいだよ。でもいよいよだ […]
  • ウージの葉ずれ若き音楽とハモれよワラビー2016年5月21日 ウージの葉ずれ若き音楽とハモれよワラビー  第22回おきでんシュガーホール新人演奏会 編 梅雨入りした那覇市の空に、数日ぶりに晴れ間がのぞいた5月20日午前。沖縄タイムスの広報担当・ワラビーはタイムスビル11階の編集局学 […]