働いて働いたのちじっと手を見るんだワラビー


 おしごと体験!グッジョブサマースクール 編

 自らの肉体を追いこもうと、那覇市某所にあるトレーニングルームへ足を踏み入れた動物が一匹―。DSC_0283

 呼吸を整え、静かに機器にスタンバイした。

 「いくよ!」DSC_0285

 ―届いていなかった。DSC_0287

 「次はベンチプレスです!」DSC_0293

 ―届いていなかった。DSC_0295

 「―ふう、いい汗かきました!」 こっちは恥かいた気分だぞ。DSC_0289

 

 4日、ワラビーがやって来たのは那覇市銘苅にある那覇市消防局。この日は隣接する「なは市民協働プラザ」の両方を会場に、小学生が職業体験する「グッジョブサマースクール」が開かれたのである。

 子どもたちに話し掛けられた。「ワラビーだ!ワラビーはどんなお仕事に申し込んだ?」

 「できればつまみ食いできるところがいいです!おかし工場の見学とか…」 相変わらず「生産」という言葉が似合わない、永遠の消費者ワラビー。DSC_0312

 

 県内各地で開かれている同イベントはいわば自治体版「キッザニア」。受付前には朝から大行列が延びた。DSC_0330

 この日はパイロットやキャビンアテンダント、看護師、美容師、食品メーカー、銀行員など、29の職業の体験ブースが設けられた。

 男の子の憧れの職業はやはり警察官。白バイ体験は大人気だ。DSC_0272

 そして消防士。放水体験も大行列。ほとばしる水流が会場にアーチを描いた。DSC_0479 (2)

 

 一方、会場内をうろうろするワラビーは、巨大なヤギと遭遇した。「あっ」

DSC_0332

 「こんにちは、ワラビーだよ!」

 「はいさいワラビー。噂はジョブたんの耳に入っているメェ。たしか沖縄タイムスの広報担当特命社員だメェ。かっこいい役職メェだメェ!」DSC_0320

 

 県の産業・雇用拡大県民運動『みんなでグッジョブ運動』推進キャラクター

 紙の書類のやりとりに一抹の不安 ジョブたん(ヤギ)P1020511

 

 喜ぶ有袋類。「ジョブたん、ワラビーのことを知っててくれて、ありがとう!おなかも空いたし、一しょに10時休けいしよう?」 来たばかりのくせに。

 しかし、来場した子どもたちの対応でそれどころではないジョブたん。「ワラビー。ジョブたんも休憩したいメェ。しかし、お仕事というのは甘くないメェ。休むのは大事だけど、全体の流れとタイミングを考えるメェ」DSC_0322

 そうこうしているうちに、ワラビーのもとにも子どもたちが。「あっ!子どもたちです!ワラビーだよ!…ジョブたん!ワラビーも、うれし忙しです!」

 「そうだメェ。休憩はメェ~メェ~で行くメェ!県民ひとりひとりが充実した仕事ができるように、雇用の質が上がるようにお互い頑張るメェ!」盛り上がるジョブたん。「それでは今日も、みんなで~グッジョ…」

 「ハイ!」 合言葉の腰を折るワラビー。DSC_0324

 「ワラビー、今大事なとこだったメェ!」

 「…ジョブたん、流れとタイミングを考えたらいいはずです!」 お前が言うな

 

 ジョブたんと別れ、ワラビーは会場内へ。

 3Dプリンターで作品を制作するブースや、DSC_0422

 特殊な粉で指紋を採取する、県警提供の「鑑識」体験、DSC_0412

 琉球朝日放送「ニュース番組を体験してみよう」ブースにいたみなさんには、背景の合成技術で遊んでもらった。DSC_0438

 「首から上だけにしてみようか」

 「どうなるの?」DSC_0454

 ―こうなった。

 ワラ「こわい!」DSC_0456

 

 最後にワラビーは沖縄タイムス社が提供するブースへ。読者局企画管理部部長の下地勝也がスタンバイしていた。DSC_0393

 「下地ぶちょう、タイムスは何を体けんしてもらうの?」

 「これだよワラビー。新聞記者になって会場内を取材するんだ。ペン記者は参加者や講師の声を取る。カメラマンは『おしごと』体験中の参加者の、生き生きした顔を撮る。最後にそれを多目的取材車『ワラビーGO!』で記事にまとめ、速報を発行するんだ」

 「タイムスならではです!」

 

 しかし、体験開始まで、手持ちぶさたなワラビー。「ヒマです!…そうだ、子どもたちはきっと、ワラビーのおしごとも知りたいにちがいない…」

 そこで何やら紙を取り出した有袋類。「『ワラビーのおしごと』です!」 ほほう。DSC_0349

 「大事なことは3つ。たべる、ねる、あそぶです!」 出たな「ダメるるぶ」。DSC_0353

 「でも、一ばんは『そだつ』ことです!子どもにとって、大じなことだよ!」 ていうかイラストすごいなDSC_0362

 「…大じなので、記しゃのおしごとの前にせつ明します!これをここにはっておこう…」DSC_0365

 「…オイ!勝手なことすんなワラビー!下地に見つかった。「お前の仕事は、仕事とは言わん!」DSC_0371

 「…ええー!」

 「なぜなら、お前だけで完結してるからな。ちゃんと、子どもたちに新聞の楽しさを教える仕事を、まっとうしろ!」

 「ハイ…」しゅんとするワラビー。DSC_0382

 

 「ワラビーのおしごと」プレゼンが不発に終わり、再び外へ出てきたワラビー。消防局のホースを構えてみる。「カッコいいです!」DSC_0306

 ―だが、すぐにホースを地面へ戻してしまった。「重い…ハア、ハア。ワラビーも、体をきたえなきゃ、いけません…」DSC_0298

 イラスト通りには全然育っていない、体力も発展途上のワラビー。ここで文頭に戻ると永遠に読み続けられる今回の記事なのであった―。

 

 ~ワラビーからおまけ~

 今回のスクールで、タイムスの職業体験に参加してくれたお友だちだよ!すてきな速報を作ったね!ありがとう!DSC_0475

 記事や写真が上達することは、人に何かを伝えることが上手になることです!大人になってもきっと役立つよ!これからも頑張ってね!


新着コメント

コメントを残す

この記事に関連する記事

  • SFを「すこし・ふしぎ」と言った偉人がいたんだワラビー2015年4月8日 SFを「すこし・ふしぎ」と言った偉人がいたんだワラビー ふしぎ体験科学館 編  人の視覚など感覚を惑わせることで、科学の面白さを「体感」してもらう「ふしぎ体験科学館」(沖縄タイムス社主催)が3月20日から、豊見城市の沖縄アウトレットモ […]
  • ゆび先サイズの平和を積んじゃってワラビー2016年2月20日 ゆび先サイズの平和を積んじゃってワラビー  「レゴブロック」で作った世界遺産展 編 首里城にサグラダファミリアにモン・サン・ミシェルー。「レゴブロック」で作った世界27カ国の世界遺産40作品が、県内に堂々お目見えした。  […]
  • ひらめきで明日(あす)を照らすんだワラビー(前編)2022年4月8日 ひらめきで明日(あす)を照らすんだワラビー(前編) ふっきなぞとき50年50問(フィフティー・フィフティー) 編 今年1月9日から、沖縄タイムス日曜こども新聞「ワラビー」で連載している「ふっきなぞとき50年50問(フィフティー・フ […]
  • めくる喜び再確認したくってワラビー2023年1月19日 めくる喜び再確認したくってワラビー 日曜子ども新聞「ワラビー」25年目のリニューアル! 編   沖縄タイムスの日曜子ども新聞「ワラビー」が2023年1月8日、リニューアルした。 新聞のタイトル「題字」は白 […]
  • 那覇とかけて文化芸術と解くんだワラビー2021年10月20日 那覇とかけて文化芸術と解くんだワラビー 那覇文化芸術劇場なはーと 編 10月某日、秋晴れの昼下がり。沖縄タイムスのマスコットキャラクターで「久茂地の有袋(ゆうたい)類」ことワラビーは、好天に誘われるようにタイムスビルの […]