「ガチャ」で決まらぬ未来をつくるんだワラビー


沖縄タイムス75周年 子ども支援チャリティーイベント「ちるふぇす」編

 「親ガチャ」。子どもがどんな親のもとに生まれるかは運次第で、その家庭環境によって将来が左右されることをカプセルトイの「ガチャガチャ」になぞらえたネットスラングだ。2021年に「大辞泉が選ぶ新語大賞」などに選出された。

ガチャガチャで遊ぶ子ども(この記事とは関係ありません)

 沖縄の18歳以下の子どもの4人に1人が貧困状態―。県の2016年度調査によると、子どもの貧困率は29・9%で全国の約2倍だった。貧困状態とはその世帯の生活水準を表す「等価可処分所得(いわゆる手取り収入)」が年122万円未満のことを指す。

 生まれ育った環境で子どもの人生が左右されてはならないと、沖縄の子どもの貧困問題の解消に向け、個人や団体がさまざまな支援活動をしている。沖縄タイムス社も2016年から「沖縄こども未来プロジェクト」の事務局を務めている。企業など有志の寄付を元に、子育て世帯や支援団体に給付金を贈呈している。

子どもの進学時に入学応援給付金を贈呈する事業「こども未来プロジェクト」

 そして、沖縄タイムス社は創刊75周年を記念して10月29日(日)午前10時~午後4時、那覇市のタイムスビルで子ども支援チャリティーイベント「ちるふぇす」を開く入場は無料。

 企画や運営、出演の主体は子ども世代の代表である高校生。会場では子どもや学生の支援団体が活動紹介や寄付の呼びかけを行い、高校生がダンスや音楽ライブ、伝統芸能などのパフォーマンスで盛り上げる。

 沖縄タイムスの「ちるふぇす」情報ページはこちらから

 

 ワラビー「こんにちは、ワラビーだよ!29日は『ちるふぇす』です!高こう生のお兄さんやお姉さんが、ワラビーのために大とかい・なはのタイムスビルに集まるよ!」

 ワラビー担当いきものがかり・金城実夢(みゆ)「前提から違う!別にみんな、ワラビー先輩のために来てくれるわけじゃありません!」

 ワラ「ちがうの?ワラビーは完ぜんに『ワラビーまつり』のふっ活だと思ってました!」

 金城「沖縄タイムスのファン感謝祭『ワラビーまつり』は私が入社する前の2019年を最後に開かれてません!」

2018年のワラビーまつり「ゆるキャラ大集合」

 ワラ「なんでひらかれないの?ワラビーの心はいつも、今ひらいてます!」

 金城「ユニオンみたく言う!? 20年から3年間はコロナ禍にも見舞われたし、費用対効果とか、いろいろ社としての経営判断があったんじゃないですか」

 ワラ「なんでも『パスタ』の世の中です…!」

 金城「それたぶん『コスパ』ですよね…でもワラビー先輩、ちるふぇすは沖縄の『子どもの貧困問題』解消を目指したチャリティーイベントなんです!」

 ワラ「チャリティーイベントかー!…24時間やる?」

 金城「24時間やらないし、黄色いTシャツも着ません!」

 ワラ「着ないのかー!…ハッ!ぼ金はある?」

 金城「…募金?」

 ワラ「ハイ!チャリティーといえば、お金がチャリンチャリンでチャリティーです!」

 金城「やらしい覚え方!ちるふぇすでは募金は集めないけど、いろんな支援団体が出展し、3つの物の寄付を募ります。まずは学生服。浦添市にある学生服のリユース・リサイクル店『ゆいまぁる』はいらなくなった学生服の提供を呼びかけます」

「ゆいまぁる」に制服の寄付を呼びかける與那城寿恵子代表

 ワラ「学生ふく!? ワラビーもいつかは制ふくを着て、学びやで遊びたい…!」

 金城「学びやでは学びましょう! 制服も普通に買えば1そろいで数万円。家計が厳しい家庭にはそれだけで負担ですよね。ゆいまぁるさんは学生服を定価の6~8割安く売ってるんです」

 ワラ「すごい!『タコス』のかたまりです!」

 金城「『コスパ』覚えてください! 與那城寿恵子代表は『使わなくなった制服を持ってきてもらうことで、次の必要な人に喜んでもらえます』ですって」

 ワラ「だれかのおさがりで、きずながつながります!」

 金城「続いてリクルートスーツやかばん、参考書などの就活アイテムの寄付も募ります。集めているのは那覇市の就職情報サービス会社『エスエフシー』さんです」

就活アイテムの寄付を呼びかけるエスエフシーのみなさん

 ワラ「しゅう活…ワラビーにはまだまだ先の話です!」

 金城「ワラビー先輩、永遠の被扶養者ですからね…。こちらもスーツにネクタイにシャツに…1そろいで数万円しちゃう。若い学生にとって決して安くない買い物だし、就活が終われば着なくなってしまう人も多いんです」

 

 ワラ「しゅう活を終えなければいいです!」

 金城「いちばんダメな助言でた! …というわけでエスエフシーさんは『必要な学生に渡したい』と寄付を呼びかけています。参考書は大事なポイントが書き込まれていたりして、けっこうありがたがられるそうですよ。就活を終えた『先輩』のノウハウを生かせるわけですね」

 ワラ「なるほどー!知しきも、おさがりです!」

 金城「最後の3つめは食料那覇市社会福祉協議会のフードドライブが、家庭に余っている食料を受け付けます」

 ワラ「フードドライブ!知っています!ワラビーはタイムスのはんばい店主のフードドライブをお手伝いしました!」

 金城「めずらしくちゃんとしてる!そうです。那覇市社協によると、コロナ禍による収入減や物価高を受けて、食料を支援してほしいという要望が増えているそうです。『やさしさをおすそ分けしてください』ですって」

 ワラ「やさしさの、おすそ分けかー!」

 金城「まとめると、ちるふぇす会場では①中学と高校の学生服②リクルートスーツやかばん、ネクタイ、参考書などの就活アイテム③食料―の寄付を受け付けています!」

 ワラ「協力、おねがいします!みゆさん、そのほかの支えん団体もいるの?」

 金城「はい!『子どもの居場所学生ボランティアセンター』は、子ども食堂や学習支援教室に大学生ら学生を派遣する団体です。学生は子どもの遊び相手や話し相手になったり、勉強を教えたりしています」

 ワラ「ワラビーも、ペットボトルボウリングであそびたい…!」

 金城「貧困などの問題で苦しんでいる子どもは、お兄さんお姉さん世代に受け入れてもらうことで、自己肯定感を持ったり、将来に向けてのやる気が出たりするそうです。学生側にとっては子どもとの接し方を試行錯誤することで、社会問題を身をもって学べる意義があるそうですよ」

 ワラ「ワラビーはタイムスで、主におじさんおばさん世代の社いんに受け入れてもらっています!」

 金城「悲しいな。…ちるふぇす会場にはコーディネーターが来てくれるので、進学を考えていて、興味がある人は相談したらいいですね」

 ワラ「これで終わり?」

 金城「いえ、最後にもう1団体。那覇市社協の『子どもと地域をつなぐサポートセンター糸』。遊びや学習支援、子ども食堂など子どもの居場所作りに取り組んでいますよ。こちらもちるふぇす会場で活動を紹介してくれます」

 ワラ「その『糸』をどんどん太くしていくと、良さそうです!」

 金城「本当ですね。そして何と言っても、ちるふぇすの主役は…」

 ワラ「ワラビーです!」

 金城「自己肯定感おばけ!違います、主役は子供世代の代表と言うべき、沖縄の高校生です!」

 ワラ「そうでした…」

 金城「ちるふぇすでは興南高校と那覇商業高校、那覇高校の3校のインターアクト部員の生徒が実行委員として、イベント運営をお手伝いしてくれます。

 みんな忙しい学生生活の合間を縫って今年8月から何度もタイムスビルに集まり、イベント内容や出演団体などを考えてくれたんですよ。インスタやティックトックなどのSNSを駆使した告知など集客にも一役買ってくれています」

タイムスビル内「ハウリブ」で打ち合わせする高校生ら

ちるふぇす会場を視察する高校生

 ワラ「ワラビーも気もちだけ、集まりました!」

 金城「実体も集まってください!そしてタイムスビルの3階ホールでは高校生による音楽ライブやダンス、獅子舞や歌三線などの伝統芸能のステージが繰り広げられます!12時開演です!」

 

 ~ちるふぇす出演パフォーマー(12時開演・出演順)~

 ①大嶺若獅子隊(那覇高校・小禄高校)②那覇高校バンド「UP BEAT」③興南高校バンド「電気ブラン」④沖縄尚学高校バンド「Universe.」⑤那覇高校バンド「慢心創意」⑥興南高校バンド「crazycastle」⑦那覇西高校ダンス部⑧普天間高校ダンス部「FDC」⑧首里高校ダンス部「FLAME」⑨伊江里菜子(首里高校)

 司会:山城皆人 なかち(FEC)

 ワラ「楽しみです!トリは参かしゃ全いんで『ワ・ワ・ワ・ワラビー』を舞い踊るにちがいない…」

 金城「…だといいですね。2階ギャラリーでは「おばぁタイムス」の大城さとし先生をアドバイザーに、缶バッジ作りにチャレンジできます(有料)。

こちらはおばぁタイムスの缶バッジ(当日は売っていません)

 1階では古本販売コーナー『こども未来ブックス』を設置。売り上げは『こども未来プロジェクト』に寄付されます」

古本販売コーナー「こども未来ブックス」

 ワラ「盛りだくさんです!」

 金城「ところでワラビー先輩、『ちるふぇす』の名前も高校生が考えたんですよ」

 ワラ「ふぇす…はおまつりのことです!ちる…は何?」

 金城「『ちる』は子どもを意味する『チルドレン(children)』と、リラックスするを意味する『チルアウト(chill out)』から。肩肘張らずに楽しみながら、子どもの貧困問題のことを知る1日にしよう、という願いが込められています」

 ワラ「ハッ…!ワラビーは『ちる』が『知(ち)る』にもかかっていることに気づきました!」

 金城「ちょっと深読みですかねー。でも確かにそうですね!新聞には子どもの貧困問題についての記事や支援情報も載っているのに、本来それを必要としている子育て世代からは遠い存在になっているのかもしれません。今回、『当事者』である子どもに参加してもらうことで、実はいくつもの支えの手があなたに伸びているんだよ、と知ってほしい。これは私たち新聞社社員の願いですね」

 ワラ「みゆさん、ホントです! でも29日にタイムスビルに来るだけで知しきをもらい、ステージも楽しめる…まったく『パピコ』しかない1日です!」

 金城「『コスパ』だってば! 覚えてください!」

 ワラ「…ええー!」

 

~ワラビーからお知らせ~

沖縄の「子どもの貧困問題」について高校生と一緒に考えませんか?

ちるふぇす会場案内とスケジュールはこちらです!

子どもから大人、お年寄りまでたくさんのご来場とご寄付を待っています!

当日はワラビーも会場にいるので声をかけてね!よろしくお願いします!


新着コメント

コメントを残す

この記事に関連する記事

  • 4日間中3日祭りってどうなんだワラビー2015年7月29日 4日間中3日祭りってどうなんだワラビー ワラビーまつりinちゃたん&in那覇告知 編 ワラビー ハア…。いきものがかり・村井 ワラビーどうしたの。深刻ぶってため息なんかついちゃって。ワラ 村井せんぱい、7月2 […]
  • ネコノミックアニマルと呼ばれてワラビー2017年8月14日 ネコノミックアニマルと呼ばれてワラビー  岩合光昭写真展「ねこ」 編 沖縄タイムス創刊70周年プレ企画、岩合光昭写真展「ねこ」(主催・沖縄タイムス社、共催・浦添市教育委員会)が浦添市美術館で開かれている。 動物写真家の […]
  • 50年後も試される県民なのかワラビー2022年2月9日 50年後も試される県民なのかワラビー ♯復帰検定~オキナワココカラ 編 沖縄の日本復帰50年を迎える今年、2022年に合わせ、沖縄タイムス社とNHK沖縄放送局が共同企画「♯復帰検定~オキナワココカラ」を進めている。& […]
  •  宴の支度は整ったのかワラビー2014年8月2日  宴の支度は整ったのかワラビー  宴の支度は整ったのかワラビー 「こんにちは!ワラビーだよ!」 「こんにちは!いきものがかり・村井です!」 「なんだかひさしぶりですね、村井せんぱい!」 「そうだねワラビー。さて […]
  • 時空(とき)を超え響く歌もあるんだワラビー2018年2月11日 時空(とき)を超え響く歌もあるんだワラビー ワラビーともだち名鑑 RIRI(高良莉李子) 編 10年。「ひと昔」とも形容されるこの年月を振り返るのは、例えばおとといの夜に食べたものがぱっと思い出せないような大人にとっては、 […]